スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
20年前の記憶とか
評価:
松任谷由実
EMIミュージック・ジャパン
¥ 1,395
(1999-02-24)




リフレインが叫んでる、という曲が、たしかぼくが中学生の頃、文化祭のテーマソングで、準備中も当日も、繰り返し繰り返し何度も何度も流れていました。




中学生の頃は、思い出したくない事の方が多い、イケてない自分でした。
この曲もずいぶん長い間、好きじゃなかった。
聞くとやっぱり、当時の頃を思い出してしまうからです。




好きな人がいて、でも好きな気持ちを素直に伝えられずに、嫌われることばかりして後悔してたなあとか。
闘わなきゃいけないときに、主張しないといけない時に、逃げてばかりいたなあとか。




でもぼくの中学生の頃って、もう20年も前でして。
20年も前のことを、未だに覚えてられるのは、たぶん中学生だったからかも。
中学生って感性が豊かだし、経験も少ないし。




今、MWには、そういう人たちもたくさん来てる。




彼らが20年後に、どこかで緑色の牛を見たときに、なんて思うかな。
何かを思ってくれたらいいな。




| 小泉ひろか | 私事 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://koizumihiroka.jugem.jp/trackback/953