スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
ロボット




アバターじゃなくて、
ロボットをつくりたいんですよね。




今は、ロボットって言葉には、
無機質で、機械的な、
冷たいイメージがあると思います。
あるいは戦うための機械、
というような。




でもロボットが、一家に一台という時代が来たら、
そうじゃなくなると思うんですよね。
何かあった時のために、子供の面倒を見てほしい、
寂しいから、一緒にいてほしいから、とかね。




ロボットではない何か別な言葉がつくられるかも知れませんけどね。
でも、私たちのロボットへの印象が変わる方が先なんじゃないかな。




MWをやったことがあれば、
ロボット=弱くて情けなくてイライラさせる、
そんなイメージだと思うし。。。




このMWのロボットは、
ロボットを作りたくて作った、というより、
人がいないときの寂しさをなんとかしたい、
という思いで生まれたので、愛玩動物っぽいんだよね。




となると次にしたくなるのは、
ロボットにかわいい洋服を着せたり、
優秀な頭脳を入れたり、とかかな。




でも、ロボットは不器用だから、
何をしてあげても、イライラさせられそう。
すぐ服を汚したり。
気を利かせたつもりで、KYなことをしたり。
そういうのって人間くさいですよね。



| 小泉ひろか | 夢、ビジョン | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://koizumihiroka.jugem.jp/trackback/661
2008/07/10 5:21 PM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。