スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
すごい貝殻
最近は、業務の効率化をやっている。


ひとつの仕事をやるために、手間が3倍になれば、更新頻度は3分の1に減ってしまう。


更新頻度は、高ければ高いほど良いと思っていて。
それが一番、スタッフの情熱をPRできる手段なわけで。
その熱に引きつけられてお客は来る。だから、場は用意したから後は勝手に盛り上げて、なんてサービスあり得ないよね。


人間は考える。で、更新につきものの同じことの繰り返しは、人間のする仕事じゃなくて、そういうのは機械が得意なんだから、機械にやらせればいい。
と、ずっと思ってたけど、なぜかなかなか出来てなかった。


じゃあ自分でやるか、ということでシェルを勉強した。
効率化を機械にやらせるには、どうやらシェルが避けて通れないらしい。


PHP以外でははじめて触れるプログラムがシェルスクリプトだったけど、いやあ、びっくりした!
たとえば、PHPだと変数はこんな感じ。
$foo=var;
echo $foo;
シェルスクリプトだとこう。
FOO=var
echo $FOO
なんと最初の変数に「$」が不要!
なんと行の最後に「;」が不要!


記述がもう、すでに効率化。
無駄な繰り返し無し。
なんとぶっきらぼうで、媚びてない。
それでいて、仕事は正確。
毎日深夜4時の繰り返し作業や、1時間おきに5分になったらやる仕事など、とても非人間的な仕事をちゃんとやってくれる。
惚れた、、、


これを書くテキストエディッタの「vi」がまた良くて。
最初はめちゃめちゃとっつきにくかったんだけど、慣れたら離れられなくなった。
他のエディッタ使っててもつい、:wqと書いてしまう。


というわけで業務の効率化が出来たんだけど、何かをやればまた次の問題や欲求が出てくるわけで。
仕事には終わりがないね。楽しいなあ〜。


| 小泉ひろか | お仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://koizumihiroka.jugem.jp/trackback/1082