スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
最近考えてる個人的なこととか



社会人になってからというもの、与えられた目標を超えるために出来ることを頑張ってきた。



一番最初は、最高のWEBマスターになること。
次は、最高のコールセンターをつくること。
その次は、最高の公式コンテンツをつくること。
部門がかわるたびに、最高の○○を目指そう、と思ってた。



会社をつくったときも、仙台で最高の会社を作ろうと思ったし、ひとりでモバイルウォーズをつくってたときも、最高のモバイルコンテンツをつくろうと思った。



そのときどきに与えられた自分の目標の延長に、最高の○○をいつも決めて、頑張ってきた。



達成できたかと言われると、どれも達成できていない気がする。
どれも、最高の○○までは出来なかった。
志なかばで、目標が変わってきた気がする。



企業としては、目標を超えたら、次の目標を与える。
なにも最高の○○までは行かなくて良い、という判断もありうる。
いままでしてきた仕事に愛着もあるし、途中で離れるのはイヤだ。
でも、そうか会社だもんな、なるほどと理解は出来る。
そして、こりずに次の目標でまた最高を目指してしまう。



システムエンジニアになって半年たって、やっとLinuxとかシェルとかに慣れてきて、サービスに問題があって治すこととか、サーバーを増やすこととかを経験して、得体の知れない怖さはなくなった。



何か問題が起きても俺がなんとか出来る。まずは、そうなろうと決めた。
問題が起きそうなところを理解して、治し方を覚えた。
SEになろうと決めてから、まずは達成しようと決めたゴールに着いた。



いま、最高の○○を目指したくなっている。
またどこかで目標を変えられることもあるかも知れないけど。
いまSEをやっている自分は、SEなりの夢をもちたいのだ。



インフラに苦手意識はなくなったけど、いまはあいかわらずプログラムがうまくない。
とくに、フレームワークがわからない。
でもコンテンツ会社としてのフレームワークは、会社の資産としても強みとしても、かなり重要な役割をもってくると思う。
会社の目指す方向性にあわせて、柔軟性をもったフレームワークは、かなりのコストを削減できると思うのだ。



サブバージョンやレッドマインの導入前と導入後で、変わったことがあるように。
エンジニアはもっと自分のプログラムに集中しやすくなると思う。
俺がフレームワークを理解していないがために、よけいなコストがかかっているかも知れないし、今後まずいことが起こるかも知れない。



まずは必要に応じてフレームワークをカスタマイズできること。
そして、うちの事業にあったフレームワークに発展させていきたい。
made in 俺のフレームワークをつくりたいという話じゃなくて。
そんな大層なことをするには経験がないし年もとった。



そうじゃなくて、売上をあげて経費を下げるために、ブラックボックスや聖域をなくしたい、という話かも知れない。
技術系の仕事はとっつきにくいから、そうなりやすいと思う。
経営者の理解が浅いと、それをするにはこれくらいコストがかかりますと技術者に言われたら、検証するすべがない。
俺が社長のときは、そうなっていた気がする。
その反省を活かして、経営者はちゃんと技術をわかなければいかん、と今は思う。
勉強、勉強。勉強して最高のフレームワークを作るぞ。




| 小泉ひろか | 経験に学ぶ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://koizumihiroka.jugem.jp/trackback/1079