スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
パソコン版MW
え?パソコン版?



と、ずっとケータイしかやってこなかった自分にとって、ケータイじゃなくて「パソコンでやる」なんて選択はきっと怖くて、出来なかったろうなと思う。



「モバイル」のウォーズなんだから、ケータイ以外でやるのはおかしい!という見方もあるかも知れない。
長いこと考えてたけど。
でも、そうかな、と。
実はけっこう、そんなことないんじゃないか。



MWが本物のカードで出来たって、べつにいいと思うし。
本物のフェルトメローネを抱いて寝たって、いいと思う。
なにもケータイだけにこだわる必要なんて、ないんだよな。



なんでケータイにこだわってたかというと。
自分が得意だから。
まあそれだけだし。



それはつまり漫画家がいて、その原作の映画が出来るようなもんで。
漫画家は映画制作は本業じゃないから、得意じゃなくてもいいわけで。
これは漫画なのだから、映画になるのはおかしい!なんて言わないしね。



実際、自分が今パソコン版でやってることは、完全に裏方で。
表に見えることは何一つやってないんだよね。



いまの自分がやってる仕事は、サービスの入れ物が安定するためにサーバを見守るSEの仕事と、キャラクターたちと一緒にわいわいする仕事。
まさか同時に出来るとは思わなかった。
こんな仕事の仕方があったのかと思う。
自分がいままでイメージしていた仕事とか役割とかには、どうにも当てはまらなくて、だから、なんだか、こそばゆい。
でも、同時に出来て良かったと思う。



自分が裏方でかかわっていながら、どんどん出来てくるパソコン版。
裏はやるけど、表はやってない。
こういう関わり方って、この仕事をはじめてから10年たつけど、初めてだよ。



でもね、いまのパソコン版のMWは、とてもいいよ。
まるで、3年前の、はじまりたての本家のような。
すごい、可能性に満ちている。
なんにも格好つけてないし。
とても一所懸命な感じがする。
若々しい感じが、にじみ出てる。
きっと、みんなの心がひとつになって仕事が出来てることの、成果なんだろうな。



きっと他のソーシャルアプリはパソコンになったから、ゴージャスなデザインと広々した画面になるんだろうな。
でもMWはとても、、、ゴージャスではない。
ゴージャスではないけど、かわいげのあるヤツなんだな。
他の誰になにを言われることがあろうとも、大事に育てていきたいと思うよ。




| 小泉ひろか | お仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://koizumihiroka.jugem.jp/trackback/1076