スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
ウキウキ
システムエンジニアとか、ネットワークエンジニアとか、そういう機械をいじるような人材は、足りないらしいのです。



サービスの入れ物は機械なのだから、絶対に必要な人材なんです。
だけど、足りない人材は高くついてしまう。



でも、お金はない。
じゃあどうするか。
よし、俺がやるか。 



というわけで、自分がMWのシステムエンジニアになったのが4ヶ月前。
でもたぶん、兼務は出来ないだろなと思い、MWの方向性を決めたり、調整したりする立場は放棄しました。



今のままでは、夜中にサーバがダウンしても、誰も何も出来ないかも知れない。
かといって、夜中にサーバを助ける仕事を、誰かに気軽に頼みにくい。
何かがあったとき、MWを助けることが出来る力を持とう。



システムが安定しているというのは、努力の成果なんだなと、SEをやってみて思いました。
日々、機械のゴキゲンをとらないといけません。
ちょっと目を離すと不機嫌になって、問題を起こします。



いかに人を喜ばせるかを考えるのは好きなので、機械を喜ばせるのも通ずるものがあります。
最近は信頼関係もだんだん出来てきて、こうしてほしいなという望みを聞いてくれるようになりました。
体調が悪そうだなという感じも察することが出来て、予防に励んでいます。



だけど、とうとう引越の時がきてしまいました。



新しいサーバは、なんだかふわふわしています。
手応えがなんだか違います。
自分のことを、警戒されてるような気もします。
前につきあっていたのは、どんな女?などと聞かれてるような気もします。
これからゴキゲンとりに励まないといけません。



いつもウキウキしてくれますように。




| 小泉ひろか | お仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://koizumihiroka.jugem.jp/trackback/1072