スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
オープンソースのモバイルコンテンツ
マックブックエアーが出て、久しぶりに物欲を刺激された。
むかしならすぐに買ったと思うけど、今はちょっとためらってる。



むかしはマックのファンだった。
巨人マイクロソフトに立ち向かう姿に惚れていた。
プロダクトもよかった。デザインはもちろん、他にない魅力にあふれていた。



iPhoneを出したころから、ちょっと変わってきたと感じてる。
どうもマックの新製品って、買わされている感じがする。
要りもしないのに、むりやり欲しがらされてる気がする。
なんのために買うのか、自分はなぜ欲しがっているのかが、よくわからなくなる。
なんとなく持ってる自分がクールな感じがするからかもしれない。



マックブックエアーも、あったってなくたって、たぶん何もかわらない。
軽いからといってそんなにあっちこっち出歩くわけじゃない。
起動がすごく早くなったからといって、そんなに急いでるわけじゃない。
誰かに自慢したくなるくらいの変化はあるかもしれない。



それより今自分が自宅で使っているのは、7年前のパワーブック。
純正のOSだと、youtubeすらもう見れない。
ネットの流行についていくためには、高いお金を出して新製品を買わざるを得ないのかと。
こういうことをされてしまうと、なんのための技術革新だと怒りがこみあげる。



悔しいので、なんとか出来ないものかと、ubuntuを入れてみた。
パワーブックで立ち上がるLinux。動作は、なかなかのもの。
無線LANでつながるし。ファイヤーフォックスでムービーも見られる。
面倒な設定を乗り越えなきゃいけないけど。お金は出さなくてすんだ。



お金があればアップル製品が買えたのに、という話じゃなくて。
古い製品を大事に長く使い続けたい。
このパワーブックは買った当初はたしか30万くらいしたはず。
買った当初はそりゃもうウキウキしてたはず。
7年で寿命がきてもう使えないなんてかなしすぎる。



古くて最近あまり使ってないコンピューターをもってる人たちには、Linuxをおすすめしたい。
アップルの新製品を買うのではなく、ウィンドウズをアップグレードするでもなく。
使い方を勉強してLinuxを入れる。
そうすればかなり節約できる。古いマシンも喜ぶ。お財布も嬉しい。
流行りの言葉で言えばエコだ。



パワーブックで動くLinuxは最高だ。
しょっちゅう画面がちらつく。
なにかよくないことが起きたのか?とハラハラする。
これはまるで、10年前の爆弾マークが出まくったころのマックじゃないか。
こまめに保存しなかったせいで、苦労してつくったデータがぶっとんだことを思い出す。
可愛げがあって最高。
こういう不完全さが魅力なのだ。



Linuxは無償のボランティアが知恵を出し合って作っているそうじゃないか。
オープンソースと言うらしい。この考え方が最高にクールだ。憧れる。
モバイルコンテンツもそういうことが出来ないかなとずーっと考えてる。



たくさんのアプリをたばねて、上前をハネるんじゃなくて。
ひとつのコンテンツをみんなでコミットして、みんなで育てるんだ。
バグを見つけたらなおしあったり。
おもしろい企画を思いついたら新コーナーにしてみたり。
世界最高のモバイルコンテンツは、そうやって育つものだと信じている。



それがやりたいのに。
だけど、ぜんぜん出来ている気がしない。
どうやったら実現できるかはまだ雲の中だ。



今流行りのソーシャルアプリは、エンジニア歴の浅い人でも作れるらしい。
きっと盤石のフレームワークの存在があるのだろう。
フレームワークと、シンプルな規約さえあれば、エンジニア歴の深い浅いに関係なく、コンテンツを愛する気持ちでつながることが出来るはずだ。
そう思って頑張ってる。



誰もが、今すぐお金になることを考え出すと、どこかで見たことのあるような似たものばかりになる。
ちょっと遠回りに見えることが、結果的に長期的に利益を出しつづけるはずなのに。
短期的に安易に利益を追うと、結局手に入れられない。



もっとシンプルに考えたらいい。
自分らの大事な遊び場が、他にも似たようなのがあるよなんて言われたら、何が楽しいものか。
俺たちの最高の楽園は、俺たちで作るんだ。




| 小泉ひろか | 感じ方、考え方 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ガマンの美学
今までたいていのイヤなことは、ガマンしなくてもなんとかなってきた。
イヤなことをすぐに忘れられるほどの能天気でもないから、たぶん気分転換がうまかったのだと思う。



漫画を描けばヒット作家になる夢を見て、カラオケで歌えばスターになる夢を見て、拳法を習い始めたら師範になる夢を持ったり。
RPGツクールでゲームをつくるだけで、スーパーゲームプログラマーになれる気でいた。



何をしても夢を見ることが得意だった。
夢を見ている間は夢中になれる。
夢中でやるからそれなりにはやく上手にもなる。



最近は、子育てにも夢を見てる。
でも、自分ひとりのことじゃなくて、他の人格のことなので、無理強いは出来ない。
子供に夢を見せる一番の方法は、自分が夢をもって日々生きてる姿を見せることだと思ってる。
俺は自分の夢をもって日々活き活きと生きてやりたいし、その姿を子供に見せたい。



なのに、仕事が終わりくたくたに疲れて家に戻ってメシ食って風呂はいったら寝る日々のなかで、どんな姿を見せればいいのだ。
それでなくてもただ愚痴を言いたくなるのをガマンするだけでもいっぱいいっぱいだったりする。



俺がもちたい夢っていったいなんなんだ、などと考えた。
たぶんそれはもう俺ひとりの夢じゃなくて、家族が将来どうなりたいか、家族の関係をどうしたいか、ということなんだろな。
5年後に、家族が仲良くしていられるか。
10年後に、家族が変わらず仲良くしていられるか。
20年後は?30年後は?
たとえば、家族全員が健康である。自滅するような悩みを持っていない。うまくいかないことがひとつやふたつあっても、自信を失う必要なんかないことを知ってる。そういう風になりたい。



思えばむかし俺がひとりで見ていた夢の多くは、つらい現実からただ逃避していた時間なのかも知れない。
楽しく感じることを、繰り返していただけだ。
そんなんじゃいくらうまくなってもメシは食えない。



楽しいだけのことは役にたたない。
つらくなってきてからが、本物だ。
つらい現実をいかにガマンするか?
こんなことを繰り返していて何になるというのだろう、そう言いたくなってからがチャンスだ。
つらくてつらくて仕方がないのに「おまえはいつも悩みがなさそうで楽しそうでいいなあ」などと言われてやろう。
まずは家族にそう思われてやろう。



| 小泉ひろか | 感じ方、考え方 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
燃えろ!
情熱の炎を、燃やし続けるしかないんだよなあ。



とろけるような熱い情熱の炎を、どんどん燃やす。
人は熱気に引きつけられて、どんどん人が集まる。
そして、知恵に感心してお金を払う。



熱いだけじゃなくて、あふれる知恵に感心させて、尊敬されないといけない。
サービスやってくれてありがとうって言われないといけない。



どうすれば尊敬されるのか。
叡智を感じさせるんだ。
そのために知恵を山ほど出す。
どうすれば知恵が出るのか。
あほな俺たちが考えるだけで出るわけがない。
ハンパな俺たちがちょちょいとやっただけで左うちわの大成功をするはずがない。
考えてやってみてのトライアンドエラーの、とほうもない繰り返し。
甘い考えを捨てて、頭と体を山ほど動かす。
そうやってだんだん賢くなる。



失敗したらくじけそうになるし、失敗したくないからやるのをためらう。
そういう弱気を打ち砕き、突破するために必要なのが情熱。
情熱はすべてのエネルギーの源泉だ。
燃えろ燃えろ燃えろ!




| 小泉ひろか | 感じ方、考え方 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
食うべし
 



いま目の前にあることについてそれが、自分のしたいことかどうかを考えるんじゃなく、自分の仕事かどうかを考える。



自分の仕事だったら、自分がそれをしたいかどうかなんて考えちゃダメ。
したいことにすればいい。
そのための努力を惜しんではいけない。



自分の仕事かどうかは、どうやったらわかるのか?
それは、まわりにやっている人がいるかどうか。
いなければ自分の仕事。
なんでみんなやらないんだ?って思ったらそれが自分の仕事。
率先してやるべし。



いま目の前に食べ物があれば、自分が食べたいかどうかよりも、自分の食べ物かどうかを考える。
自分の食べ物だったら、自分が食べたいかどうかなんて考えず、だまって食う。
なんでみんな食わないんだ?って思ったらそれが自分の食べ物。
率先して食うべし。



| 小泉ひろか | 感じ方、考え方 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
仕事をください



自分に出来るかどうか、今までわからなかった仕事が、出来ることがわかった!!


これは嬉しかったなあ。自分の成長を感じられた。


でも喜びもつかのま、今度やる仕事は、自分は出来ることはわかってるけど、とんでもない量。


これは落胆したなあ。どうやってこの仕事を、自分の成長につなげようか…


いや、仕事があるだけで幸せなのだ。


もっと仕事をください。



| 小泉ひろか | 感じ方、考え方 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
必死




ラクして結果を出そう、なんてありえない。
結果を出してる人は日々、血のにじむような努力をしてるはず。





| 小泉ひろか | 感じ方、考え方 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
見ようとしている
F1010006.jpg 



街を歩いていて、空を見上げると、電線が見えます。
電線が見えると、空をけがされてる気がします。



なんで電線があるんだ。
電線は地中化すべきだ。
キレイな空を返せ。
などと考えます。



でも子供の頃は、空を見上げると、空を見てた気がします。
きっと電線も見えてたんでしょうけれども。
残っているのは、空を見てた記憶だけです。



何が見えるかじゃなく、何を見ようとしているか。
久しぶりに雨模様の今日、そんなことを思いました。



| 小泉ひろか | 感じ方、考え方 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
依存症
F1010005.jpg 



私はあまりMW以外のケータイコンテンツをやらないので、ケータイ依存症ではないと思ってました。



でも、緊張する場面でケータイをにぎってると、安心することに気づきました。
まるで、自分のまくらに頭をうずめた時のような、安心感です。
これはやっぱり、依存しているんだろうか。。。



接してる時間が長くなればなるほど、依存するのかも。



今日のお昼は、いつも食べ慣れた味がしました。
やけに安心しました。




| 小泉ひろか | 感じ方、考え方 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
カオスくん
 




むかし、組織の底辺をしていたころは、上の人たちはずいぶんとムチャなことを言うなあと思ったことがありました。




自分が組織の頂点に立てば、上の人はなんでそんなにムチャなことを言うのかわかるかな?と当時の自分は思いませんでしたけれども。
ですが、それから数年後のいま、組織の上のほうにいるようになってから気づきました。
自分より、さらに上がいました。




そしてそのさらに上は、さらにムチャなことを言うのです。




そしてそのさらに上は、なんでそんなムチャなことを要求するのか、実のところよくわかってないのです。
みんながやってるからとか。
むかしからこうだから、とかそんな理由です。




どうやら、上も下もカオスのようです。
いたずら好きの、カオスくんです。
141がMITSUKOSHIになってしまうことだって、余裕でやっちゃうのです。




カオスくんは、ぼくにいつもこう言います。
「おまえもカオスになれ〜」と。
でも、イヤですから。
いつも、すずやかな顔をしていたいんですから。




| 小泉ひろか | 感じ方、考え方 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
問題を超えた瞬間にすぐ次の問題が
F1010002.jpg 



ずっと、シンパイしていた問題が、今日すっと解決しました。



あ、こういう風にすればいいのか、と。
なるほど。解決方法がわかりました。
我ながらすばらしい思いつき俺すばらしい、とかなんとか自分を誉めたくなったものの。。。



でも、これはもしかしたらふつうに近づいただけではないのか?



たぶんそうなのです。
今よりちょっとだけ、ふつうに近づいただけでした。
ああ、嬉しかったのは一瞬でした。
ぬか喜びして悔しいし。
あれだけシンパイしていた問題を超えたその瞬間に、すぐ次の問題が見えて来てしまったのも悔しい。



でも、自分で自分をほめられるくらいの思いつきを、ドンドン出せばいいや。
この一瞬を連続させて永遠にしてやるってなもんです。




| 小泉ひろか | 感じ方、考え方 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |