スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
希望がある
20091020170641.jpg



もうすぐ11月が終わります。
ああ11月、はやく終わって欲しい。。。



この11月は、一生忘れられない1ヶ月になりそうです。



どんな難題を抱えてもどんな難局を迎えても、今まで割とすぐに何とかなってきました。
そんなここ数年間だったのですが、今月は今まで知らず知らずに積み重なってきたつけを大清算。



毎日が消耗戦。
頑張っても頑張っても、何一つ報われた気がしない。
今までたいていのことは頑張れば何とかなりました。
でも、本当に頑張っても頑張っても成果が出ない。
それでも頑張るしかない。
だから頑張るんだけど成果が出ない。
本当にしんどかった。
神様にも見放されたかと思いました。



でも、いつだったかな。
底辺を感じました。
あ、今が底辺だ、よし、もう下がらない。ここからは上がるだけだ。
そう思えた瞬間がありました。
そう思えたから頑張れてます。
希望があります。
何のリアリティもないし、普通の神経では信じれないことかも知れませんが。
あるんだからしょうがない。
希望の光はもうすぐ見えます。
今はただ信じて、ひたすらやるだけ。



| 小泉ひろか | 夢、ビジョン | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
最高のモバイルオンラインゲーム
ひょんなことから、上場を目指すことになりました。




いままでまったくそんなつもりはなかったですが、いざ気持ちを切り替えてみると、その気になってくるもんですね。




上場するためには、やらなきゃいけないことがたくさん。
準備にバタバタと追われていて、待たせてる人もたくさん。




まずは、組織でMWができるようになること。
その後は、MWと管理が両輪で回るようになること。
ここまで2年でやる。
そして上場。
その後は、いよいよ海外へ。




最高のモバイルオンラインゲームを目指します。



| 小泉ひろか | 夢、ビジョン | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
会社づくりは、仕事づくり




東京の仕事を仙台に持ってきてやる。
これが今までうちがやってきた仕事のかたちです。




創業から2ヶ月くらいで、
このかたちは軌道に乗りました。




一度軌道にのってしまえば、
もっと大きな流れにしようということで、
いろんなことをやり始めるわけで。




組織づくりとか、人づくりとかね。
これをしていると、自分が会社をつくっているようで、
なかなかやりがいがあるんですよね。




でもまあ言ってしまうと、私の興味は、
会社づくりにはさっぱり向きませんでして。
会社をつくるというよりも、
仕事をつくるほうが好きなんですよね。




で、今つくっている仕事は、
「東京の仕事を仙台に持ってくる」
のではなくて、
「仙台から仕事が生まれる」
ようにすることです。




やっぱりうちの一番の強みは、
「今まで仙台でやれてきていること」
これにつきると思うんですよね。




もし、仙台でやることに強みが何もなかったら、
今まで続けるなんて、出来なかったはずですよ。
もっと早くポシャってるはずです。
ということは、やっぱりあるんですよ。
何か、強みが。




志を貫くために、
世間から引きこもるということは、
今までけっこういろんな偉い人が、
やってきたみたいなんです。




仙台でやっているというのは、
いわば、引きこもっているわけで。
きっとそこからしか見えない世界というのがあって、
だからこそ与えられる感動があるんじゃないかな、と。




たとえそのことをみんなが知ったとしても、
やっぱり住み慣れた東京を出て、
田舎でやるのには勇気が要ります。




だから、今つくっている新しい仕事のかたちは、
そうそうカンタンには真似できないものになる、
だからかなり長い間、安定して続けられる、
そういう自信があるんだよね。




| 小泉ひろか | 夢、ビジョン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ロボット




アバターじゃなくて、
ロボットをつくりたいんですよね。




今は、ロボットって言葉には、
無機質で、機械的な、
冷たいイメージがあると思います。
あるいは戦うための機械、
というような。




でもロボットが、一家に一台という時代が来たら、
そうじゃなくなると思うんですよね。
何かあった時のために、子供の面倒を見てほしい、
寂しいから、一緒にいてほしいから、とかね。




ロボットではない何か別な言葉がつくられるかも知れませんけどね。
でも、私たちのロボットへの印象が変わる方が先なんじゃないかな。




MWをやったことがあれば、
ロボット=弱くて情けなくてイライラさせる、
そんなイメージだと思うし。。。




このMWのロボットは、
ロボットを作りたくて作った、というより、
人がいないときの寂しさをなんとかしたい、
という思いで生まれたので、愛玩動物っぽいんだよね。




となると次にしたくなるのは、
ロボットにかわいい洋服を着せたり、
優秀な頭脳を入れたり、とかかな。




でも、ロボットは不器用だから、
何をしてあげても、イライラさせられそう。
すぐ服を汚したり。
気を利かせたつもりで、KYなことをしたり。
そういうのって人間くさいですよね。



| 小泉ひろか | 夢、ビジョン | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
夢は言うと、叶う

こんな風になりたいなとか、
あんなことしたいなとか、
いろんなことを日々思っているとして、
でも思っているだけでは、
叶わないので、言います。

続きを読む >>
| 小泉ひろか | 夢、ビジョン | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
背伸びしよう

創業の頃は、かなり背伸びしていました。




「兄弟ふたりが実家の一部屋で作業しているの?」
なんて思われたら貧乏くさい!
貧乏くさい人に仕事なんてくれないから、
ちょっとでも景気良さそうに見えるようにしよう!

続きを読む >>
| 小泉ひろか | 夢、ビジョン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夢を食べるレストラン

学生の頃に、
「人は夢だけでは食べていけない」
と、いろんな人が、
教えてくれました。

続きを読む >>
| 小泉ひろか | 夢、ビジョン | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark |
モバコンマスタ




一般的には、マスターという言葉は、
主人とか親方とか、そんな意味です。




だけどコンピューター関連では、
マスタと言われることが多いそうです。




そんなことはまったく知りませんでしたが、
私が1999年に、当時の社内で発行していたメルマガでは、
自分のことを「マスタ」と名乗っていました。




仕事が「WEBマスター」だし、
マスタの方が歯切れがいいかな、
という感じでした。

続きを読む >>
| 小泉ひろか | 夢、ビジョン | comments(0) | - | pookmark |
地域貢献への流れは出来た、次は拡大だ。




ちょっと前の話ですが、
うちで働いているインターン生が、とあるプレゼンで、
「うちは、モバイルで地域貢献する会社です」
と宣言しました。




私が、モバイルで地域貢献をしたいな、
と、思い立ってから、
4年たったわけですけれども。

続きを読む >>
| 小泉ひろか | 夢、ビジョン | comments(0) | - | pookmark |
東京ローカル



私はあまり同業種を、
意識しすぎないようにしています。
本社が仙台なので、
東京の方と話をする機会が、
あまりないというのもあるんですが。




続きを読む >>
| 小泉ひろか | 夢、ビジョン | comments(0) | - | pookmark |